22日 伊良湖沖の泳がせ釣り

川口さんらの釣行です。

「泳がせ釣り希望」と言うことで伊良湖沖へ。

朝イチいきなりワニゴチからの魚信!

コンスタントに釣れ続いたワニゴチ。 「釣れんよりはましか」と・・

でも今日は、ヒラメのアタリも出ました! そんな日は、全体に活性が上がってるのか?

マダイを含めたいろんな魚の顔が見えました。

IMGP9141.jpg


マダイにしては黒っぽいですが正真正銘の大ダイ 70センチありました。

ヒラメは66センチ

IMGP9142.jpg


ベイトに付いている魚なので、まだまだ肉厚ですね。

お二人とも嬉しい1匹 おめでとう!  ヤッタネ

全体釣果は

マダイ 70センチ、 ヒラメ 38~66センチ 6匹、 ワニゴチ 40~50センチ 10匹、 ニベ 45センチ、 マトウダイ 35センチ、 アズキマス 36センチ、 カサゴ でした。

IMGP9138.jpg


IMGP9136.jpg


同じ速さでトロトロ流れる緩い潮廻り、潮止まりを除いては今日はコンスタントにアタリが出ました。

久々に納得にいく釣果が得られました。

メンバーさんも船頭もニコニコで帰港です。


お疲れ様でした。

ありがとうございました。







20日 伊良湖沖の泳がせ釣り

大島さんらメンバーさんの釣行です。

昨日の爆風もおさまり、ひんやりとした空気に包まれた朝となりました。

荒れた後、活性が上がりチャンス? はたまた、全く口を使わない?

ハラハラドキドキの釣行となりました。

最初のポイントはそこそこアタリが出たもののワニゴチばかり。

「これじゃあさみしい。」とあちこちを転々とするも今度はアタリが遠い。

たまのアタリも噛み後だけでハリに乗らない。 水温計を見てみると20度近くあった水温が今日は17度代まで下がっていました。

上層の水温ではあるが、魚はしびあに反応するのかなぁ?

「この喰わん状態」に何か理由付けしないと精神が崩壊しそう(笑)

諦めかけてた最後の流し、ワラサとヒラメが同時にヒット!

今までベイト反応を必死に探し、ポイントを探し廻ってたのに、喰ったのは何も反応の出てない場所だった。

ん~っ。

でも、釣れたのだから素直に喜ぶ事にした。

IMGP9134.jpg

欲を出してもうひと流しサービスでやってみましたが、やっぱりね。

そうは上手くは行かないですよね。

さみしい釣果となってしまいました。

根気良く頑張って下さったメンバーさんに感謝です。


お疲れ様でした。

ありがとうございました。








19日 強風! 湾内での掛かり釣り

山下さんらベテラン勢の釣行です。

朝の内は凪いでいたので「風が吹いてくると分かっていたけれど、それまで行こう」と湾内のポイントへ。

イカリを打って釣りを始めるも、エサも取られず、アタリも無く時間だけが過ぎて行きましたが狙いは下げ潮の潮バナ。

その潮に続けて3匹マタカをGET!

底潮が動き始めると、エサ取りも頻繁になり活性が上がって来た様に思えたのですが・・・ビュービューと風が音を立てて吹き出して来ました。

それに伴い船に飛び込んで来るような波も出来始め、もう少しやりたかったけれど諦め、片名前に移動。

海面は真っ白。 伊良湖水道風速20メートルでした。

片名前に戻り、一イカリ。

いきなりお連れ様がクロダイを釣り上げるも後が続かず。

でも、今日はカサゴがポツリポツリ遊んでくれましたんで、退屈はしませんでした(笑)

全体釣果

マタカ 60、65、66センチ (超メタボな固体でした) クロダイ 47センチ、 カサゴ 31匹、 クロソイ 1匹 でした。

IMGP9132.jpg


久々にマタカ釣れました!

それにしても爆風、糸がからみ釣り辛く大変でしたね。


お疲れ様でした。

ありがとうございました。









18日 片名前の掛かり釣り

片名前こだわり釣行のあのI氏が始動!

単独での掛かり釣りです。

「喰わんでもええから」と言われましたが、厳しい状況に私の方がマイッタ!

魚探には何がしら反応は出ており、本来ならコマセを撒いて落ち着いてやればセイゴ、マタカや底物などが喰いそうな物なのですが・・

全く音信普通。

下げ潮メインの潮でしたが、南からそんより風が終始吹き船の安定が悪かった。

上層の海水がかなり悪く、イケスノ中のウタセエビがどんどん死んで行ってしまい、慌ててホースを延ばし底水を取り対応。

底潮が来た瞬間にだけアタリが数回出て、1回はサワラみたいな魚影がそこまで見えたがハリス切れ。

もう1回は3本バリの1番上のハリに喰ったが、外れたと思ったらハリが折れてた。

多分マダイだと思われる。

その後唯一のマダイを1匹GET!

これから続くのか?と思ったけど、今日のジアイはこれだけで終わり。

IMGP9130.jpg


文句も無く、静かに「今日はこれで帰ろう」とおっしゃり、少し早めの撤収としました。

いろんなタイプの釣り師が居るが、直栄丸乗船のお客さんで指5本以内に入る筋金入りの釣り師である。

真夏のような蒸し暑い中での釣行でした。

それにしても今年の海は去年にも増して厳しい状況が多い年である。

お客さんはもちろんですが、船頭も頭を抱えるような釣行が続きます。


お疲れ様でした。

ありがとうございました。






16日 伊良湖沖の泳がせ釣り

今日は大苦戦でした。

朝の2~3流しは結構アタリが出て、小ビラメ、ワニゴチが釣れましたが、流す度毎にアタリも減り、噛み後のみに。

更にはアタリすら無くなり、音信普通の長い時間が訪れました。

下げ潮の潮緩みにはモリモリのベイト反応が出現し「サワラ、ワラサが喰った」との情報もありましたが、熱くなるようなジアイでは無く
本船にはお与え無し。

「ヒラメ」もですが、「青物」が釣りたかったメンバーさんでしたが、残念な結果となってしまいました。

今日の海だと「顔が見えた人はラッキー」そんな喰い渋りの日でした。

「喰わん日」にばかり当たってしまうメンバーさんには、本当に申し訳無く思いますが、こればっかりは・・・

きっと今度は良い事ありますよ!

そう祈ってます。


お疲れ様でした。

ありがとうございました。







プロフィール

仕立て船、貸切船の直栄丸 釣果情報

Author:仕立て船、貸切船の直栄丸 釣果情報
師崎から車で5分、片名港出港の仕立て船、乗合船です。
直栄丸では、お客様の安全を第一に考えて、親切丁寧をモットーに営業しています。
仕立て船の場合、お客様の希望に合わせた釣り物・ポイント選びをします。乗合船の場合は旬の魚を釣りにいきます。
ポイントは港から5分の近場から伊勢湾全域の大山沖、伊良湖、西度合、瀬木寄瀬、出山など沢山ご用意しております。
楽しい時間が過ごせるように努力しますのでお一人様からご家族、グループの方まで、安心してご利用ください。
なお、完全予約制なので、事前に電話予約してください。
直栄丸では、海上保険にも加入しますので安心です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター