28日 伊良湖沖の流し釣り(マダイ)

いろいろ試したけれど、あまり良い釣果が得られなかった只腰さんらメンバーさん。

今回は素直に「今一番釣れそうなポイントへ。」と、小学生の息子さんを連れて乗船して下さいました。

助っ人に山下君に来てもらい、今一番可能性が高いと思われる、伊良湖沖の流し釣りへ。

やはり人気ポイントは船も多く、船団になっての流し釣りでした。

その船団に混じり、ジアイを待ちながら流し続けました。

セオリー通りの下げ潮の潮バナと下げ潮の緩みの潮に活性が上がり、ジアイ到来!

今回はこのチャンスに上手く釣る事が出来、釣果が伸びました。

早めに棚を見つけ出す事が出来、それほど根掛かりも無くスムーズに流せた。

少ないアタリを逃がさず釣り上げる事が出来た。

それと、今までかなり仕掛け、オモリを伊良湖沖へ奉納してきて(笑) 腕前を上げた只腰さんの実力向上が、釣果が伸びた要因だと思います。

全体釣果

マダイ 30~55センチ 12匹、 カサゴ1匹 でした。

IMGP8226.jpg

息子さんには、山下君が掛けた魚を巻き上げて貰い、マダイ独特の魚信を体感して頂きました。

息子さんは、何回か一緒に来てくれてますが船酔いは全くしないので、直ぐに祐月君や優矢君達の様な、ジュニァアングラーになれますよ!

釣りはいい趣味だと思いますので、またお父さんと一緒に来て下さいね。

久々に満足の行く釣果が得られました。

助っ人の山下君の貢献度もかなり高かった事も付け加えておきます。



お疲れ様でした。

ありがとうございました。








27日 片名前の掛かり釣り

北西風がやや強く、伊良湖沖か?片名前か?

迷った山下さんと、森園さんのお二人でしたが、「今日は前でのんびり掛かりでやろう。」と言う事になりました。

今日の片名前での操業は直栄丸1隻のみで、やりたい放題(笑)

潮も下げ潮メインで、北西風。  船の座りもよく、期待大でした。

クラゲの浮遊も少なく、条件的には申し分なし。

だから、と言う訳ではないけれど、ポツリポツリと魚の魚信がありました。

IMGP8223.jpg


ただ、この状況でセイゴ、マタカのアタリが全く無かったのが不思議?

ベテランであるこのお二人も、「片名前のメインであるセイゴ、マタカが1匹も釣れんのはどうしてなんだろう?」と、
小首を傾げた。

絶対数が少ないのかなぁ??

下げ潮が緩み、満ち潮の底潮が若干流れ出したかなぁと言う潮(そこり潮騒)に、間違えなくマダイ!

それも大ダイと思われる強い引きが森園さんの仕掛けに来ました。

慎重に手繰り上げ、魚が見えるかというところで、痛恨のバラシ。

これが今日最大の大物であり、熱くなった出来事でした。

ほんとに残念でした。


まもなく解禁(6月1日) の片名前の夜マタカですが・・

昼間喰わ無くても夜釣りは喰った! そんな年も結構ありましたので、そうあって欲しいと期待し、願うばかりです。

ひょっとしたら、マダイが喰うかも?


今年の夜マタカは、海王丸デビューと言う事もあり、乗り合い船での稼動も致しますので、状況を見ながらの予約で結構ですので、お問い合わせ宜しくお願い致します。


お疲れ様でした。

ありがとうございました。







26日 片名前の掛かり釣り

匿名Iさん、今回は息子さんとの乗船です!

Iさんと言えば、もちろん片名前での掛かり釣り。

流れる潮になりましたが、その分クラゲも流れるわけで・・・

毎回、全部のハリにクラゲの足が掛かってくる始末。

朝イチいきなり喰ったマタカを水面でバラシてしまった。

それが、最後までこんなに悔やまれる事になろうとは、思っても見ませんでした。

今までは、「喰わん。」と言ってもカサゴがポツポツ愛想してくれて居たので、何とか退屈な時間だけは回避出来ていた訳なのですが、今日はそのカサゴのアタリも少なく、イカリを何回もやり変え、やり直し。

それでも、結果は変わらず。

かろうじて、マタカ、アイナメ、マゴチの顔だけは見えましたが、数は秘密。

大変、疲れました。

頑張って竿を出し続けて下さったお二人に感謝です。


お疲れ様でした。

ありがとうございました。








25日 伊良湖沖の掛かり釣り

久しぶりの雨。

雨の中での釣行となりました。

只腰さんと奥田さん 今回は・・・「日本海でよくやる釣り方で、完全吹かせを伊勢湾でも試してみたい。」

そんなご要望でした。

イカリを打ってオキアミを撒くと言う事になると、伊勢湾内ではその手の釣りは禁止区域が多くポイント選択は湾口より外の伊良湖沖での操業となりました。

奥田さんがオキアミの完全吹かせを、只腰さんと私はウタセエビでやってみました。

結果、速潮では完全吹かせの釣りは、仕掛けが速く流れ過ぎオモリ無しでは無理と言う結論に。

ただ、潮が緩ければ十分可能である。

その緩みの潮にイネゴチと写真の上から2番目のマダイが釣れました。

IMGP8220.jpg

後はウタセエビでの胴突き仕掛けでの釣果です。

伊良湖水道周辺のマダイの流し釣りの僚船情報が「喰った、又喰った」と活性の高そうな感じの声が無線で入って来ていましたが、お客さんのやりたい事をやるのが大切と考えますので、「釣れても釣れなくても思うようにやらせてあげたい。」

それで、納得して頂けたならそれでいい。

始めてやって見る事にはリスクは付き物ですもんね!

前にも少しやりましたが、ここ伊勢湾でもオキアミでもマダイは喰って来るみたいです。

だけど、やっぱりウタセエビの釣りのがキレイだし、面白いような感じが私はしました。

チャレンジ精神、大いに結構です!


また、何か思いついたらやってみましょうね。


お疲れ様でした。

ありがとうございました。










24日 片名前の掛かり釣り

「何でも釣れれば良いからアタリが多いポイントへ。」と言う事で、片名前を選択。

船頭泣かせの今年の海・・・

(なぜだか弟子の海人君はニコニコなんだが)

片名前で操業した優誠丸や私が喰わんで苦しむ中での、今日も彼の1人勝ち!

操業開始以来、絶好調の彼とは裏腹に、苦しく厳しい釣行が続く本船です。


今日はなんとかカサゴの数を伸ばせたので、お土産は確保出来たものの

IMGP8218.jpg


肝心要なセイゴ、マタカやマダイは行方不明・・

相変わらずの苦戦が続いてますが、きっともう直ぐです!

大漁のblogをお待ちください!!

と、祈り混じりの釣果なのでした。

頑張ります・・・


前泊さんらの釣行でした。

お疲れ様でした。

ありがとうございました。










プロフィール

仕立て船、貸切船の直栄丸 釣果情報

Author:仕立て船、貸切船の直栄丸 釣果情報
師崎から車で5分、片名港出港の仕立て船、乗合船です。
直栄丸では、お客様の安全を第一に考えて、親切丁寧をモットーに営業しています。
仕立て船の場合、お客様の希望に合わせた釣り物・ポイント選びをします。乗合船の場合は旬の魚を釣りにいきます。
ポイントは港から5分の近場から伊勢湾全域の大山沖、伊良湖、西度合、瀬木寄瀬、出山など沢山ご用意しております。
楽しい時間が過ごせるように努力しますのでお一人様からご家族、グループの方まで、安心してご利用ください。
なお、完全予約制なので、事前に電話予約してください。
直栄丸では、海上保険にも加入しますので安心です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター